科学研究費「特別推進研究」終了報告シンポジウム 
共催:(社)日本表面科学会「摩擦の科学」研究部会 
東京大学マイクロ・ナノ多機能デバイス研究ネットワーク 

「MEMSと実時間TEM観察によるナノメカニカル特性評価と応用展開」  

場所:東京大学生産技術研究所 コンベンションホール 
期間:2014年1月21日(火)〜1月22日(水) 

研究代表者:東京大学生産技術研究所 藤田博之 
研究分担者:静岡大学電子工学研究所 橋口 原 
         成蹊大学理工学部      佐々木 成朗 


■招待講演者■ 

セッション1:MEMS/NEMS,SP 
 日暮 栄治   (東大先端研)     『接合・拡散接着』
 川勝 英樹   (東大生研)       『原子識別 AFM』 
 酒井 明     (京大院工)       『STM による単原子接点物性の観察』 

セッション 2:TEM 
 幾原 雄一   (東大院工)        『結晶界面の In-situ 観察』 
 高柳 邦夫   (東工大院理工)     『固液界面の In-situ 観察』 

セッション 3:Tribology 
 R. Carpick   (Wisconsin Univ.)   『Adhesion and Friction observed by AFM in TEM』 
 塩田 忠     (東工大院理工)       『金属接点のナノ力学』 
 松川 宏     (青学大理工)         『プロジェクトの総評』 

特別推進研究のホームページはこちら→特別推進研究


トップ   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS